Blog|maarenca - マーレンカ

<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『宮崎 淳さんをおくる会』

a0073000_8572123.jpg
a0073000_857283.jpg


12月6日、認定NPO法人「難民を助ける会」職員で、11月10日におきたトルコ地震で亡くなった宮崎 淳(みやざき あつし)さんをおくる会が、日本青年館ホールで執りおこなわれました。

宮崎さんは、もともと他のNGOでもフィリピン支援などの活動をされており、今年の8月にこの「難民を助ける会」に入り、この会での初めての海外支援活動に、たいへん意欲を持って、務めていたそうです。
写真を見ただけでも伝わってくるように、暖かく親しみやすい宮崎さんは現地の方とすぐ仲良くなり、現地の方の笑顔に貢献できるよう、自身の職務に誠実に活動されていた方だそうです。

「難民を助ける会」に入ることが夢だったと言っていたと、お聞きしました。

海外支援に行ってすぐに、、、、。
思う所は色々あると思いますが、、、、私は、宮崎さんの死ではなく、ご自分自身を生きた「生」に敬意を表したいと思います。

今年の3.11の大震災に始まり、こうして日本とトルコのお互いの助け合いが、もっと深まったことを、もっとお互いの相互理解が深まったことを、その事に意味を持ちたいと思います。

今年1月に行なった「ハイチ支援」がきっかけで、「難民を助ける会」さんと面識を持ち、細々と支援をしているものです。

こうした縁で、「宮崎さんをおくる会」に出席させていただきました。
そして、こういう風に生きた人がいることを、私はしっかりと自分の記憶にとどめたいと思います、、、。


by 丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-12-07 09:26

とある出来事、、、。



いま、こういう事が起こっています。

某R教大学付属高校の中学部3年に席を置く生徒が、高校進学を拒否されています。
彼は、真面目に日本の未来を自分が積極的に参加して、変えていきたいと純粋に考えている生徒です。
彼は授業妨害や、学校生活に参加意欲がない生徒ではありません。
学校側の意見を私自身が聞いていないので、公平ではありませんが、この生徒の学校外活動の、子供離れしているボランティア活動が、世間からも注目されていることにより、学校側からしたら迷惑(?)。
本人自身に積極的進学の断念を進めている様です。
...
でも、彼はこのままこの学校で学びたいと言っております。

私も小さい頃から、どちらかというとどうもアウトローだったらしく、高校の先生に「お前には推薦書をどこにも書かん!」と、母の前でも断言され、優しい一般人の母は、その帰り道、血の気も失せて呆然としていました。
私は、「別にいいや、、。」位にしか思っていなかったのですが、今思うと、申し訳なかったと思います。

ちょうどその頃、教頭先生に正論を30~40人の生徒の前で発言したり、授業内容を真面目に抗議していたため(?)先生方からは少し不評だったのカナ、、、?

私は大きな組織に入ったことが無いのでわからないのですが、、、このような事は学校、会社、色々な組織の中では多いのでしょうか、、、?

国が動くには、自分から動けない「その他大勢」がたとえ100万人いてもしょうがありません。
政治界、経済界、その他の業界に一人の「イチロー」がいることが、全体を引っ張っていくのだと、私は思っています。

彼は、間違いなくその資質を持っています。
それを潰すか伸ばすかは、きっと今の私たち大人なのでしょうね、、、。
小っちゃい領土の日本。いつまで肝っ玉の小さい事でいるのでしょうね、、。

決して彼は悪いことをしているわけではなく、むしろ、普段見て見ぬ振りの私たち大人が学ぶ点は多いのです。

個人の力ではどうにも出来ず、、、皆さまに、この問題の共有をしていただければと思っております。
本人には確認しておりますので、広く、問題提起になればと思っております。  


by   丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-12-05 14:46

3日J-WAVE前チラシ配り~

a0073000_14201715.jpg
a0073000_14203150.jpg


3日は午後から晴れて、暑いくらいの(私だけ防寒しすぎ、、、?!テーマ「謎の毛皮女」)「原発都民投票」のチラシ配りでした。

へなちょこ素人隊のメンツが集まって、どうにかこうにか、楽しいチラシ配りでした。
まあ、どちらかというと、その後のお茶&おちゃけタイムが大盛り上がり♥♥♥

全く知らない同士や、フェイスブックやメールでは、やり取りしていた者同士、、、。
こんなきっかけがなかったら、ここまで(ディープな)話もしなかっただろうな、、、、の濃い話が出来て、本当に珍妙&不思議な1日でした。

写真1枚目は、へなちょこチラシ配り隊。
2枚目は、東京ミッドタウンのイルミネーションです。
[PR]
by maarenca | 2011-12-05 14:31

本日3日、チラシ配り決行~!!

少しずつ、空の色が心なしか明るくなってきたような、、、。

本日、「原発住民投票」のチラシ配りを、六本木ヒルズ内J-WAVEケヤキさかスタジオ前で行います。
14時スタートです。

全身タイツに負けないように、、、私も派手にしたいのですが、、、。
いつも、黒系の色の服ばかりなので、少し寂しいかな、、、。
でも、なるべくがんばって行きますので、どうぞよろしくです。

これからは、、、コスプレに進出していかないといけなしかしら、、、。(結構、嫌いじゃない~♫)

虹が出てくれないかな、、、。
[PR]
by maarenca | 2011-12-03 11:54

明日、3日のチラシ配り~

今日も寒いですね、、、。
明日の3日、六本木ヒルズ内、J-WAVEケヤキ坂スタジオ前にて、14時から「原発住民投票」のチラシ配りを致します。
(1時間~3時間位)

明日の雨が上がることを祈りますが、、、、雨天大決行~!!!

しかし、寒がり大人のために、六本木ヒルズ内の室内移動あり!なため、見つからない場合は私の携帯090-6543-9900までご連絡ください。

ドレスコードは「素敵な子供と愉快な大人たち!」です。
幸せの黄色い全身タイツを目指してどうぞ足をお運びください。(ホントにいます、、、。笑)

ということで、仮装&ダンス&パフォーマンス大歓迎~!!!
世にも奇妙なチラシ配りにいたしませう。

どうせなら、集まった人同士の楽しい交流会にもしていきましょう。
みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by maarenca | 2011-12-02 12:00

福島の子供を助けようキャンペーン

30万人以上の福島の子供達を安全な場所で、希望を持って生活ができるように、総理官邸にメールを送る、キャンペーンが始まりました。
前回の署名では13万人以上の署名が集まりましたが、今回はさらにメールを送るという動きになっています。

ほかの場所に移るのがいいのかどうかは、福島県内でも賛否両論あるようですが、、、「安全な場所で生活したい、させたい。」という人の希望が、個人の努力ではなく、国で保証される事を望みます。

どうぞ、下記のURLをクリックして、詳細をご覧くださいませ。
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_sam/?copy
[PR]
by maarenca | 2011-12-01 22:51