Blog|maarenca - マーレンカ

「TUNAGU&TUMUGU」 

8月6,7日の二日間、有楽町の国際フォーラムで開催された「よい仕事おこしフェア」

この展示に直接お声をかけて下さった、城南信用金庫の吉原理事長にはお世話になり、本当にありがとうございました。

吉原理事長とお話をするときには、ただの経済活動をいかにして「よい経済活動」にしていくか?
いつも熱く語らせていただいています。

きっと私たちの毎日の生活にある日々の小さな出来事を、意識して「よい事」に落とし込んでいく丁寧さを、一人ひとりが意識していったとき、気づかないうちに「よいスパイラル」が生まれていくのだと思います。
世の中の出来事はお湯をかければすぐできるインスタントではないし、都合よく誰かが代わりにしてくれるのでもない。

だからこそ、成果が見えなくともあせらず、腐らず、あきらめず。 自分にあった方法で進んでいきたい。

今回は意識の高い展示会であったので、とても気持ちのいい出会い&お話しができました。

政治の視線は力のある産業に向いています。

政治→産業→大企業→消費


政治の根本を突き詰めれば、経済をどのように動かすか?

ならば、よい消費、よい企業を伸ばすしかない。

自分達で新しい仕事のあり方、雇用、産業を生む事を考えたい。

原発で汚れた「経団連」にとって代わる、誰の犠牲も生まない「敬団蓮」を創りたい。

嘆く前に一緒に考えていきましょう。 観戦者ではなく、当事者になる。

断然楽しいですよ! 
一緒に創っていきましょう。 そう思って近くを見れば、きっと必ずあなたをまっすぐに見つめる視線と出会うはず。

by まるこ安子




展示会に合わせて創ったバッグが、連日売れました! 夜なべして創ったバッグ。 中央についている水牛のチャームはルワンダのストリートチルドレンだった彼らが作っている水牛チャームです。その他、福祉作業所の方が作ったパッチワーク
「積み布」やベトナムの手刺繍、モン族の手刺繍、国内外のレースなどがちりばめられています。 他の素材として、マダガスカル、タンザニア、モロッコ、ラオス、ハイチ、被災地のお母さんたちの手編みや「積み布」などなど、、。 
どれも一点ものです。さあ、あなたが手にするのはどの地域の手仕事でしょうか?
a0073000_13423894.jpg





荒川区、杉並区、目黒区、南相馬などの福祉作業所の商品を集めた「TUNAGU&TUMUGU」ギフトボックスの提案です。その他にも頑張っている作業所の商品を集めていきたい。
活動を応援して下さるサポート企業さまも大募集しています!
a0073000_1343294.jpg




マーレンカの新しい動きが始まりました。一緒にあたらしいストーリーを紡いでいきませんか?
a0073000_13461439.jpg

by maarenca | 2013-08-08 14:18