Blog|maarenca - マーレンカ

とある出来事、、、。



いま、こういう事が起こっています。

某R教大学付属高校の中学部3年に席を置く生徒が、高校進学を拒否されています。
彼は、真面目に日本の未来を自分が積極的に参加して、変えていきたいと純粋に考えている生徒です。
彼は授業妨害や、学校生活に参加意欲がない生徒ではありません。
学校側の意見を私自身が聞いていないので、公平ではありませんが、この生徒の学校外活動の、子供離れしているボランティア活動が、世間からも注目されていることにより、学校側からしたら迷惑(?)。
本人自身に積極的進学の断念を進めている様です。
...
でも、彼はこのままこの学校で学びたいと言っております。

私も小さい頃から、どちらかというとどうもアウトローだったらしく、高校の先生に「お前には推薦書をどこにも書かん!」と、母の前でも断言され、優しい一般人の母は、その帰り道、血の気も失せて呆然としていました。
私は、「別にいいや、、。」位にしか思っていなかったのですが、今思うと、申し訳なかったと思います。

ちょうどその頃、教頭先生に正論を30~40人の生徒の前で発言したり、授業内容を真面目に抗議していたため(?)先生方からは少し不評だったのカナ、、、?

私は大きな組織に入ったことが無いのでわからないのですが、、、このような事は学校、会社、色々な組織の中では多いのでしょうか、、、?

国が動くには、自分から動けない「その他大勢」がたとえ100万人いてもしょうがありません。
政治界、経済界、その他の業界に一人の「イチロー」がいることが、全体を引っ張っていくのだと、私は思っています。

彼は、間違いなくその資質を持っています。
それを潰すか伸ばすかは、きっと今の私たち大人なのでしょうね、、、。
小っちゃい領土の日本。いつまで肝っ玉の小さい事でいるのでしょうね、、。

決して彼は悪いことをしているわけではなく、むしろ、普段見て見ぬ振りの私たち大人が学ぶ点は多いのです。

個人の力ではどうにも出来ず、、、皆さまに、この問題の共有をしていただければと思っております。
本人には確認しておりますので、広く、問題提起になればと思っております。  


by   丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-12-05 14:46