Blog|maarenca - マーレンカ

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マーレンカショップ閉店のお知らせ


今日は少し残念なお知らせです。
マーレンカ上目黒ショップを4月25日に閉める事となりました。
まあ、よくお店を閉めていたので仕方ありませんね、、。(苦笑)ちなみに今日はいます。(^^)

週明けは26日~29日までお休みします。
週末(30日~1日)はいますので、どうぞお時間のある方は、最後にお店の残像を残していってくださいませ。
とても素敵なお店ですから、、、。

残すところのカウントダウンを思うと、そう何日もないんだな、、、。と少しかんがい深いです。
なので私もこのお店を十分に楽しみたいと思います。
そう思うと、なんだか店内なんでもいとおしく見えますね、、。

ps 合同展に関しては、開催に向けて準備をしております。
こちらは開催できますよう、頑張っていきますね、、、。

丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-25 15:16

22日<議員と市民の対話カフェ>ご報告




‎22日の<議員と市民の対話カフェ>では多くの方にご参加いた​だき、本当にありがとうございました。
最後の2~3列を残して他​は満席と埋まる大盛況となりました。

また長丁場だったにも関わらず、会場に集まった皆さが熱心に耳を傾けられている姿と、​原発推進派のお二人のパネリストの方にも、「意見は違っても人と​して、お互いに尊重できることを知った機会でした。」というコメ​ントを下さった方もいらして、本当に意識の高い方が集まった場で​あったことを、私自身大変うれしい経験をさせていただきました。

またアウェーであることも関わらず、ご参加くださいました高木先​生、澤田先生ありがとうございました。
そして、本当に会場にご参加いただいた皆様、ありがとうございま​した。

また、宮台先生の的確な言葉には、アンケートでも多くの賛同の言​葉をいただき、そしてマエキタさんの発言は、時として緊迫する場​面での会場の空気をなごませる、本当に貴重な存在でした。
また、途中参加の川田龍平議員の存在も、これからの私たちの活動​に大きなヒントをくださる事となりました。

この日、衆議院第一議員会館に集まった皆さまの意識の高さと、もっと知りたい、もっと自分に何ができるのかという思いに触れて、これからももっと多角的にこの思いに答えられる場面を作っていきたいと思う時間でもありました。

もちろん、質疑応答やパネリストの方の持論があやふやだったり(本当に知りたい確信に触れていない)など有りましたが、それはこれからの課題として、今後も進めていきたいと思っております。


改善点はいろいろあろうかと思いますが、「色々な意見を持つ人が​、同じテーブルに着いて冷静に話し合う」機会として、
今後もつながって​いければと、思っております。

このたび、多くのご尽力をいただいた桜井充議員ありがとうござい​ました。
今井一さん、黒川創先生、お疲れ様でした。ありがとうございまし​た。

そして何よりも、当日の事前説明ができない事を何ともせずに、素晴らし​いチームワークを発揮してくださいました我らがチームの素晴らし​さに、改めて感謝。


本当に皆さま、お疲れ様でした。                           丸子安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-25 11:28

22日<議員と市民の対話カフェ>川田龍平議員も参加!当日受付OKです。


わたくし丸子安子が全体責任者を務めております明日の、衆議院第一議員会館での<議員と市民の対話カフェ>に
新たに、準パネリストとして川田龍平議員も参加されることになりました。

なお、当日受付でもご参加出来ますので、どうぞご都合が付く方はお誘い合わせの上、お越しください.

お待ちしております。

詳しくは、2つ前のブログを参照してくださいませ。      
よろしくお願いいたします。    丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-21 13:09

志茂田景樹さま、読み聞かせに登場!!&EFJさまが賛同!!

マーレンカ主催の合同展。 
 【ファッションx食x環境x社会のクロスロード展】に、志茂田景樹様が、読み聞かせ&サイン会をして下さることになりました。

志茂田さんは、奇抜でピースフルなお姿が印象的で、私達マーレンカはもし、志茂田さんがこの会場に来てくださったら、なんてピースフルでハートフルな雰囲気になるだろう、、、♪♪♪と思っており、今回熱いラブコールをお送りいたしました。

そして、今までも各地で読み聞かせをしていた志茂田景樹さんに、このクロスロード展の趣旨をお話したところ、薄謝の中、
本当に快くおひきうけをしてくださいました。

日時は4月28日、15:30~ 読み聞かせ&講演&サイン会となっております。
小さいお子様連れのご家族はもちろん、大人だけでも、どんな年齢の方でもきっと、志茂田景樹さんワールドに触れることは、心の癒しになることでしょう、、。


そして、国内外のグリーン、エシカル、フェアトレード、オーガニックなど、社会理念をモチベーションに活動しているファッションブランドを紹介してくださっているEFJ【エシカル・ファッション・ジャパン】様が、クロスロード展の趣旨にご理解をいただき、
今回、賛同企業様として、名を連ねてくださることになりました。
本当にありがとうございます。

引き続き、参加ブランド様、募集中です。
また、広告デザイン、当日ボランティアスタッフ、協賛企業様も募っております。

一緒に、新しい展示会を創ってくださいませんか、、、?
ご参加お待ちしております。                   丸子 安子


開催期間        4月26日~30日の5日間。
場所           目黒通り   ホテル・クラスカ8Gallery
[PR]
by maarenca | 2012-03-21 13:02

3月22日<議員と市民の対話カフェ>パネリスト追加速報


このたび、わたくし丸子安子が全体責任者として進めております、<議員と市民の対話カフェ>で、新たなパネリストの方がご参加くださることになりました。

作家の黒川創氏。 黒川氏はこの「原発」国民投票の賛同人にもなっています。

原発推進の澤田哲生先生、高木直行先生も今回ご参加くださいます。

このように、多方面にわたって色々な見識を持っておられる方々に、こうして一堂にご参加いただける事は、本当に貴重な時間となる事でしょう。

今回は、「原発」国民投票についての対話となっております。
詳しい事は最後に原発都民投票のブログURLをつけておりますので、どうぞそちらのページに飛んでいてだき、ご一読下さい。

それでは、多くの皆様にお会いできることを楽しみにしております。        丸子 安子


「原発」国民投票についての<議員と市民の対話カフェ>開催
と き:3月22日(木)17時~19時半
ところ:衆議院第1議員会館 地下1階の大会議室
※16時半~17時は、【みんなで決めよう「原発」国民投票】が記者会見をします。
(参加自由。取材・報道自由。定員300人。完全公開。
メールかFaxによる予約が必要。3月20日までに「カフェ参加希望」というタイトルで参加希望の方の名前、住所、電話番号をお知らせください)

[語り合う人]
櫻井 充 (参議院議員、民主党政策調査会長代理・政策審議会長)
澤田哲生(東京工業大学 原子炉工学研究所助教)
高木直行(元東電社員で現東海大原子力工学科専任教授)
宮台真司(社会学者、首都大学東京教授)
マエキタミヤコ(「サステナ」代表)
黒川 創(作家)
今井 一 (ジャーナリスト、【みんなで決めよう「原発」国民投票】事務局長)


http://tomintohyo.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
[PR]
by maarenca | 2012-03-17 16:22

2012/3/11    新たな誓い

a0073000_9421517.jpg
a0073000_9423415.jpg
a0073000_9425058.jpg
a0073000_9431013.jpg
a0073000_9432638.jpg



日本にとって、一番意味深い日となった3.11.
どのような場所に居ても14時46分という時を多くの人が、
同じ思いで共有したのではないでしょうか、、、。

今日の丸子夫婦は、この日一日、日比谷公園脇での「原発国民投票​」の署名活動に参加をしてまいりました。
この日の署名数は国民投票1245筆、都民投票八王子4筆。
本当に多くの方から、温かい言葉と共にいただいたこの署名。
少しずつ認知度の手ごたえを感じた日でもありました。

また、この度は「ピース・オン・アース」主催の南兵衛様に、ご理​解をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです!!本当にありがとう​ございました。

そして、今日は、一つの出会いがありました、、、。

福島から東京に避難をしている女性。
親類に原発で働いている方がいるそうです。
その女性は「私たち福島の人間は、けっして福島のモノを食べて欲​しいなんて思っていない。日本にこれ以上、被害と汚染が広がるこ​とに多くの福島の人は、辛い気持ちでいるのだと、、、。なぜ、そ​のように政府が仕向けるのか分からない。そして、私はこういった​事を多くの人に知ってもらいたい。でも、どこで言えばいいのか分​からない。」と、おっしゃっておりました。

この女性の話を聞いていた私たちの方が号泣してしまい、しかし、​その女性は目に涙をにじませながらも、淡々とその思いを話してく​ださいました。

これからの私たち「原発国民投票」ができる事、、、。
それは、一つのジャンルや考え方にこだわらず、多くの方の声を聞​き、話し合い、広めあい、つなげあう、、、。

そうした、活動になっていければいいな、、。
いえ、私はぜひそうしたい!と思ったのでした。

日比谷公園内でのイベント、出展、デモなどで、同じ体温、同じ空​気を共有できた多くの仲間。
それは、有名無名を問わず、何かをしたい!参加したい!と活動を​した世界中の方たちと、思いは一つなのだと、一緒につながった日​でもありました。

そして、大きな声でチラシを配ってくれた我らが若きエース。
5歳のえいと君、、。
彼の澄んだ声は本当に周りの大人たちを癒しと安らぎで、包んでく​れました。
最後に、カナダ国営放送のインタビューを受けた私は、「日本は本​気で変わります!そして、私たちは決してこの悲しみを忘れない。​風化させない。その思いを胸に、また新たな笑顔と希望を創ってい​きたい。」とお伝えをいたしました。

私自身、本当にめまぐるしく変わっていったこの1年、、、。
今日の日を元年に、また新たな一歩を目指していきたい。

いいえ、、、目指していきますとも!!!
新たな誓いと共に。                  丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-12 09:48

3月22日<議員と市民の対話カフェ>開催



私もこの日は、受付などのお手伝いをしておりますので、どうぞ、ご参加とシェアをお願い致します。
本当に今から楽しみです!!   記者会見からご参加出来ます。  どうぞ、事前の申し込みをお願い致します。

「原発」国民投票についての<議員と市民の対話カフェ>開催
と き:3月22日(木)17時~19時半
ところ:衆議院第1議員会館 地下1階の大会議室
※16時半~17時は、【みんなで決めよう「原発」国民投票】が記者会見をします。
(参加自由。取材・報道自由。定員300人。完全公開。
メールかFaxによる予約が必要。3月20日までに申し込んでください)

[語り合う人]
櫻井 充 (参議院議員、民主党政策調査会長代理・政策審議会長)
宮台真司(社会学者、首都大学東京教授)
マエキタミヤコ(「サステナ」代表)
今井 一 (ジャーナリスト、【みんなで決めよう「原発」国民投票】事務局長)

「原発」稼働をどうするのか。
この重大な問題の選択・決着を、いつ、どのようになすべきか?
私たちは、誰かに指図されたり決めてもらうのではなく、1人ひとりの主権者が自分で選択すべきだと考えています。そのために、選挙ではなく国民投票を実施して決着をつけるのが最良で、今後、「原発」国民投票法の制定を立法に求める活動を強めていきます。
この「議員と市民の対話カフェ」では、市民同士の対話も深めたいと考えていますので、いろんな疑問や懸念がある方は、このカフェにお越しになり、それを質してください。
みなさまの参加をお待ちしております。
みんなで決めよう「原発」国民投票
TEL 03-3200-9115 /03-6434-0579
MOB 080-3866-3037
FAX 03-3200-9274 /03-6434-0579
info@kokumintohyo.com
http://kokumintohyo.com/

丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-10 00:52

3月7日 第一回グリーンアクティブ「緑の会議」参加報告



 昨日3月7日、「グリーンアクティブ」の呼び掛けで、第一回「緑の会議」に参加をしてきました。
参加メンバーは、マエキタミヤコさん、加藤登紀子さん、中沢新一さん、ピースボートの吉岡達也さん、福島みずほ議員、河合弘之さん、山本コウタローさん、気候ネットワーク、大地を守る会の藤田和芳さん、アースガーデン代表南兵衛さん、緑の未来、池田香代子さん、原発国民投票代表の中村映子さん、鈴木耕さん、山田厚史さん、TBSの方、、、。などなど、そうそうたるメンバーが集まり、お互いの活動や意見交換が活発になされました。

 私も、稚拙ながら原発都民投票の説明をしてまいりましたが、今回の会議では、過去の市民運動における、横のつながりのなさによって、運動がしりすぼみに終息してしまった反省点と、そして、企業人として、公人として、名前が出せないが、匿名でなら色々な支援をしたいという方たちの受け皿を作っていく事が大事だという点などが話されました。

そしてまた、あれだけの大きな衝撃を与えた3.11、、。
しかし、それ以降も、原発や環境、社会意識に対して依然として興味をもたない人たちを、これからどうやって巻き込んでいくのか、、?
 これからは、こうした層を取り込む事ことこそが、社会が変わる大事な時期に来ているという事を、新たに認識した時間ともなりました。

ただ今まで、ここまで多くの活動をされている方々が集まったことはなく、これは本当に画期的なことである事。
 そして何よりも私の様な、3.11まではたいした活動をしてこなかった人間が、このような場に参加できる流れとなっていることが、これからの社会の大きな転換の実現を、感じさせた大事な日となりました。

 思い起こせば、3.11の大きな衝撃に、何か本当にダイレクトに被災された方たちに、モノでもお金でも、一日でも早く届けることはできないか、、、?
 そうして考え探して、3月20日過ぎには仙台のNPOに直接物資を送り始めて、トータルでダンボール25箱にはなったでしょうか。
 遠方からは私達マーレンカに向かって、大阪や長野の方達も物資を集めて送ってくださったり、、また私たちの周りでも、物資の呼び掛けをしてくれたママたちのネットワークができた事に、今振り返ると、この時の事が、小さくとも自分が歩き始めた大きな一歩だったのだと、そして、まずは「行動すること」こそが自分の新たな道を切り開くのだと、改めてとても実感をしております。

 最後に、第二回の会議の日程を決めて、和やかな歓談の場へと移った先には、また新たな出会いと、科学反応が生まれたときでもありました。

このような場にいられた事と、素晴らしい出会いにただただ感謝、、、。
そして、一つ一つの活動がどうやってこれからもっと大きく成長していくのか、、?
どうか、一緒になって体感してください。


人生って面白いですね、、、。                丸子 安子  
[PR]
by maarenca | 2012-03-08 12:46

2月29日 宮台真司氏の講演を聞いて

a0073000_16234426.jpg
a0073000_1624063.jpg
a0073000_16241411.jpg
a0073000_16243156.jpg


2月29日のYMCAアジア青少年センターでの宮台真司さんの講演を聞いてまいりました。
以前から、対処療法的ではない、深い社会意識の構造を根底から変える事を提唱してきた宮台氏。

今回も目からウロコが沢山ある講演でした。


3枚目写真にもあるように、
「任せて文句垂れる社会」から→「引き受けて考える社会」へ。
「空気に支配される社会」から→「知識を尊重する社会」へ。
「行政に従って褒美を貰う社会」から→「良いことをすると儲かる社会」へ。
との提言は、私たちにとってとてもシンプルで、一人一人のこれからの行動の指針となるのではないでしょうか、、、?

無責任な批判、批評、、、、。そんなものはもう、自分が何も行動をしていない事への「隠れみの」にはなりません。

何をするのか、、、。何をしてきたのか、、、、。それを語り合う社会になっていく事でしょう、、、。

あなたは、ご自分を語れる何かを持っていらっしゃいますか、、、?

どこそこの会社に勤めています、、、。または、家族がこういう人物で、、、。
そのように、本人不在の自己紹介はもう無意味なこと、、、。お気づきですか、、、?

「自分自身を生きる。」 私たちはもう、「自分自身を生きる、活かすプロ。」を目指していきましょう。  

今だからこそ変えられる。自己改革、社会改革!!! 私はそう思うと、ワクワクしています。
さあ、一緒にワクワクしていきましょう~!!

丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2012-03-03 17:03