Blog|maarenca - マーレンカ

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イタリアンブーツフェア開催

a0073000_12251599.jpg
a0073000_12252682.jpg
a0073000_12254422.jpg
a0073000_12261142.jpg
a0073000_12263539.jpg
a0073000_12272247.jpg


ようやく秋らしい風が心地よい季節になり、長い夏に疲れていた心も体も、久しぶりにホッとしているのではないでしょうか、、、。

そろそろ、秋のファッション魂がふつふつと出てくる頃かと存じます。
久しぶりに本業のブログとあって、少し緊張ぎみの私ですが、、(普段一体私は何をやっているんだか、、。)
この秋も丸子安子が厳しい目で厳選いたしました、イタリアンブーツのフェアが始まりました。
マーレンカのツイッター、フェイスブック、もちろんこのブログを見たという方は、最新ブーツを5%お値引きいたします。

毎年人気のアレックスブーツに加え、ナポリからのヒールも、どれもほかではなかなか見られないデザインとなっております。
もちろん、履き心地は素晴らしく、私のますっぐに伸びた膝を見ていただければ(足の太さは置いといて、、。)お分かりになると思いますが、どちらのブランドも脚やせ&姿勢矯正に絶大なる威力を持っているマジックブーツなのです!!!

実際私も靴を変えてから、本当に5Kgは痩せました。
かかとがパカパカ脱げそうな靴に、安心して体重を重心に乗せられないような靴には、もうサヨナラをして、本当に歩くたびに背筋が伸びて、大股で気持ちよく歩ける靴を選びましょう。
それは、ヒールの高さはあまり関係ありません。

その靴を信用できるか出来ないかの問題で、1日の疲れが全く違ってきます。
日本女性の多くが、O脚で骨盤が広がり、猫背で歩いているのは、みんな身体の構造を考えていない靴を履いているからなのです。

そして、猫背を直さないまま年齢が進むと、お腹に力が入らないので下腹部が出てきてしまい、残念体型のラセンを登っていく危険が大なのです。

今、何を着るのかだけではなく、5年後10年後に、どのように生きていたいかも考えて、全体をチョイスする。
すこし頭の片隅に入れるだけでも、年齢に関係なくどんどん変わっていけます。

自分自身をデザインする。  この秋は是非新しい自分に挑戦してみてください。
もちろん、ご希望の方にはその場でウォーキング指導も致します。姿勢や歩き方に自信の無い方もどうぞお気軽にいらしてください。
みんなで美しくなってしまいませう!!

どうぞ、みなさまのお越しをおまちしております。          by 丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-09-29 13:05

行ってきました。19日 サヨナラ原発5万人集会!

a0073000_10415130.jpg
a0073000_10425254.jpg


昨日は、明治公園で行われた「サヨナラ原発5万人集会」でモデビューの主人と2人で参加して来ました。
予想以上の人出で、千駄ヶ谷駅に着いたときには、すでにホームに人が溢れだし、改札を出るにも一苦労、、、
そしてやっと出て、コンビニで食糧をゲットしようと思っていたのですが、、すでにコンビニも長蛇の列。
氷をいっぱい詰めた水筒だけは持ってきていたので、それを命の綱にいざ!明治公園へ!

私は過去2回デモに参加したのですが、これほどの人が集まったのは見たことがなく、ちょっとした感動を覚えました。
しかし、多くの団体の「のぼり旗」がはためく中、広場の中を歩き回ったのですが、合流しようと思っていた「原発国民投票」の人達の姿を見つけることが出来ず、、、やむなく断念。
いざという時に、お役に立てず、申し訳ありませんでした、、、。

大江健三郎さんや、山本太郎さん方の集会の後、パレード(デモ)に出たのですが、、、私たちがいたところの出発がかなり遅れて、ようやく公園を後に出来たのは、最初の予定から2時間待たされた後でした。

私はどちらかというと、立ちくらみ等起こしやすく、途中しゃがんだりして待っていたのですが、デモに参加している人は、かなり年配の人も多く、この待ち時間だけでも本当に大変だろうな、、、と思いました。中にはべビーカーの方たちもいました。
30代の子育て世代は、実際参加が難しいとは思いますが、20代の若者や、子供がある程度大きくなった私たち40歳世代が少ないような気がして、少しがっかりもしました。

その場に居るからこそ始めて、解る事や感じる事があります。
自身の生活にしか目が向けない事は、もう意識が低いという時代に変化してきてます。

「社会的行動=ソーシャルアクション」の時間を作る事が、本当の大人の資格でしょう。

もちろんそれは、デモや勉強会等に参加する事だけではなく、子育て世代なら、学校の行事や委員を自主的に、きちんと責任を持って引き受けたり、地域の役割を買って出ることも、素晴らしい「ソーシャルアクション」だと思います。

最近感じる事は、国を作っているのは、その国の人達の意識であるという事。
いまの政治が幼稚にしか見えないのは、きっと私たち一人一人の大人が幼稚だからでしょう。
それぞれ個人が、「ソーシャルアクション」の時間を設ける。

聞きあきた、どこぞの新聞や幼稚なメディアの言葉を使っていればいいというごまかしは、今後ますます通用しなくなるでしょう。
残念ながら、言葉だけの人ははたから見ていて、ただ「悲しい姿」にしか映らず、いくら言葉を尽くしても、実態の伴わない言葉は聞く者にとって、むなしいだけです。

言葉だけの人と、行動をする人の違いはあまりにも大きい事を、動いていない人は、もう早く気づく事を祈っております。

「子供の国」だった日本は、いま急激に変わってきています。 どうぞ、過去にとり残されませんように、、、。    by 丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-09-20 11:36

日本再生可能エネルギー協会シンポジウム

a0073000_12254275.jpg
a0073000_12255230.jpg
a0073000_1226117.jpg
a0073000_12262962.jpg
a0073000_12264734.jpg
a0073000_12265948.jpg


14日は日本科学未来館で行われた、「日本再生可能エネルギー協会」の第一回シンポジウムに行って参りました。
それぞれの分野を代表する国内外の方々の意見交換が行われ、とても貴重な時間を共有させていただきました。

ディスカッションを通して私が感じた事は、パネリストの方々が思っている共通点として、まず第一は、原発の代替えエネルギーとしてではなく、大きな歴史としての未来の人類に残すという視点から今後のエネルギー対策は、日本だけだはなく全世界が再生可能エネルギーを選んででいく時代に入っているという点。(現時点で日本はかなり立ち遅れているそうです。)
そして、第二は再生可能エネルギーを飛躍的拡大をさせなければ、それには到達が難しいという点。
第三は、だからこそ、国家的視野が必要である点。
そして、第四は、国民が一つとなって大きな声を上げなければ行けないという点でした。

世界の常識がものすごいスピードで変わっているこの昨今に、余りにも稚拙で過去的遺産に未だしがみついている日本の状況は、本当に今すぐかじを切らなければ、日本がリードするドどころではなく、過去の、遅れた、国としての評価しか残らないでしょう、、、。

専門家なればこそ、温度の低い一般大衆の反応の薄い点を危惧されておりました。

そこで、私たちのような人間が媒体となり、新たな人間スマートグリッドとなり、いろいろな人間と知識をつなげ、共有させていくことがとても大事な使命であると、認識をしたのでした。

日本丸は沈没に向かっております。一刻も早く現実をみて、目を覚ます人が増えてくれる事を祈ります。     by 丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-09-15 13:01

行ってきました。つくばの産業技術総合研究所。

a0073000_10503268.jpg
a0073000_10504773.jpg

13日は、つくばにある産業技術綜合研究所にイノマタ監督と私を含む4人で行ってきました。
実は私たち、この国の力になるために「パーソナル・エナジー」という団体を立ち上げて、電力に関する自家発電と、個人が動く原動力としてのエネルギーの自家発電の意義のもと、活動をしていこうと集まりました。
何をどのようになっていくかは、今はまだ分かりませんが、とりあえず現場に行き、知識と現状を吸収しようと動いております。

昨日は、日本の地熱研究の第一人者である、松永烈工学博士にお時間をいただき、地熱研究と日本と海外における現在の実情を詳しくお話しいただきました。

国内の現状では、新たな地熱開発となるとかなり難しい状況ではありますが、少し視点を変えて、今現在の温泉の、適正温度まで下げる間の仕組みと、捨てるお湯などへの有効利用で、共同で何か出来るのではないかと思いました。

そして、東京などの大都市での開発時に地中熱利用の冷暖房システムの導入により、エアコンの室外機による熱風のヒートアイランド現象の削減にも一役買う事の提唱などをしていければと思いました。

以上、あまりにもざっくりな感想で申し訳ありませんが、、、。
今日はこれから日本再生可能エネルギー協会の記念シンポジウムが日本科学未来館で行われます。これからそちらに出席してまいりますので、
綜合的な話を聞いてから、また、ご報告できればと思っています。

それでは皆さま、行って参ります。
[PR]
by maarenca | 2011-09-14 11:24

11日のデモ&パーティー

a0073000_14193587.jpg
a0073000_14201060.jpg
a0073000_1421068.jpg
a0073000_14211472.jpg
a0073000_14215256.jpg

昨日も暑かったですね、、、。昨日から原発アクションウィークが始まり、昨日は新宿、代々木公園、日比谷公園の3か所でデモがあり、私は日比谷公園のデモに行ってきました。日比谷公園から新橋までデモをしてから、その後、経産省の建物を人が手をつなぎぐるっと一回りとり囲みました。
昨日のデモは、各テレビ局のカメラも多かったのですが、、、ちゃんと映像に流しているのかな、、、?

1枚目の写真は、昨日から19日まで経産省の前でハンストをする4人の若者のうちの2人です。
19歳から22歳までの若者が、抗議の行動を起こしてくれています。どのような応援が出来るかわかりませんが、自分で出来ないからこそ、勇気ある行動をする人を気持ちだけでも応援して下さい。
2枚目の写真は、日比谷公園に集まった時の写真で、述べ2千人の人が集まりました。
その時に、国民投票の署名も集めていたのですが、書いて下さった皆さま、ありがとうございました。

今度は19日、明治公園にて大規模デモがあります。もちろん、私は参加します。

しかしいつも思う事は、残念ながら普段、仕事や私生活で会うような人の顔とは一向に合わない事。
もちろん、ファッション業界人にあったことなどなく、、、エネシフはじめ、こういう事に一人で参加するようになってから思う事は、逆に新しい人との出会いに恵まれた事。普段の生活圏だけではいかに、自分が小さい世界しか触れていなかった事か、、、、。

そこだけに自分があくせくしていたかと思うと、、、ちっちゃすぎて、、もう、そんな小さい世界観に戻る気にはなれません。

そんな新しい世界に踏み出す事を後押ししてくれている主人にも大感謝。

そして昨日の新しい出会いがもう一つ。
西麻布にあるオーガニックの有名店「ciaobella]の10周年パーティーが、東大の駒場キャンパス内にある「カポぺリカーノ」で行われました。オーガニック野菜の生産者の方たちもプチマルシェを開いて下さり、写真にある箱の中の野菜は、私がビンゴで、主人はトマトソースを当て、二人で大量の新鮮野菜にご満悦。 各地で集めた厳選素材を使った、シェフからの心づくしの料理も本当に美味しくて、素晴らしかったです!!!

そしてデモ帰りの私は、もちろんワインも美味しかったのですが、、北海道は摩周湖を望む、養老牧場の山本牛乳に、もうヒットしまくりで、3杯ものみ、後でお腹が苦しくなってしまいました、、、。

そしてこのパーティーで、素敵なバイオリン演奏を披露して下さった、清水泰明氏。
彼のまっすぐにバイオリンの音を響かせる自然体の演奏と、彼の優しい曲に、女子軍うっとりなひと時となりました。
もちろん私は早速、我が小説の音楽参加のオファーをかけ、2~3年のうちにワールドツアーを約束したのでした。

これで、ピアノの金益氏、ギターのKAZZ氏、バイオリンの清水氏と素晴らしい音楽家(3氏とも素晴らしい作曲家でもあります。)との仕事を夢見て、ますます小説の仕上げに(第一章)ヒートアップしてきました。(残念ながら、かなりの長編で千から二千ページとなる予定なので、完成までにはまだ程遠いです。)
音楽の力のすごさは、彼らの曲をかけていると、私の小説の惑星の人達がどんどん動き出し、もう、本当に号泣するようなセリフを言ってくれたり、行動をとってくれる事。
そんな、映像世界を引き出してくれるのが、音の世界、、、。
それを言葉で紡ぎなおす、、、。そんな作業が楽しい今日この頃です。                    by  丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-09-12 16:19

みんなで決めよう「原発」国民投票

a0073000_1363275.jpg
a0073000_1364110.jpg



ただいま、国民投票法案の提出を促すため、11月11日までに111万人の署名獲得を目指して活動している市民グループがあります。

このグループは「脱原発」あるいは「原発推進」を呼びかけるものではなく、国民投票という形で、一人一人の声を届けよう!というものです。

天災が発端とは言え、原発事故をおこした当事者である私達日本人は、それでも、その後、大きな動きを起こしていません。
批判だけを口にしていたり、知らんぷりはやめて、もう、動く事を始めませんか?
署名はネットでも簡単に出来るので、一人でも多くの人に広めてください。http://kokumintohyo.com/
私も賛同人になりました。
今後は少しずつ外に立ち、署名活動をしていきます。
最初は、11日の経参省の周りを人の鎖で繋ぐデモに参加をしながら、署名を集める予定です。(日比谷公園集合です。)

11日から19日まで、「脱原発」アクションウィークも始まり、国内外でいろいろなデモがあります。お時間がありましたら、
どうぞお近くのデモに参加してみてください。
デモって、参加するとそんなに特別な事でもないもんですよ。
レッツ!デモデビュー。
[PR]
by maarenca | 2011-09-08 18:21

LOVE FOR NIPPON x PARCO

a0073000_12334937.jpg
a0073000_12335910.jpg
a0073000_1234872.jpg


Candle JUNEさん が立ち上げた「LOVE FOR NIPPON」の新しいプロジェクト、『366ART HEART COCORO』が、渋谷パルコ1の6Fにて、3日から始まりました。

100人の国内外のアーティストによる「メッセージアート展」は、東日本大震災地復興支援としてアーティスト作品の展示販売や、イベント等によるチャリティー企画となっております。そのオープニングに、行って参りました。

オープニングには、JUNEさんのあいさつから始まり、
そこでの出会いも素晴らしく、昨日はKAZZさんのギター&アフリカ楽器の一人多重演奏ライブがあり、KAZZさんの創りだす音に、私は今書いている小説の世界観とリンクして、もうその音世界にどっぷりとつかっていました。
途中、DJの方の鳥のさえずり&雨音等&クラリネット奏者も加わり、本当に素晴らしいライブとなり、ライブ後私はKAZZさんに、私のファンタジー小説のアニメ化にはぜひ、音楽をお願いしたいという事と、一緒にワールドツアーに行きましょう!!と、のたまったのでした。

そんな大口叩きな私を、だけど、KAZZさんはとっても面白がってくれました。 感謝。

そしてもう一人、3枚目写真の絵の作者、伊藤清泉氏との出会いもとても素晴らしいものでした。
ご覧の通り、天上からの光をキャンバスに描ける方で、もう一枚、他の冊子の絵も見せて頂いたのですが、その風景画が、これも私の小説の惑星の世界観ととても重なって、本当に興味深いものでした。

その他にも、参加アーティストの美人2人連れとも大いに話が盛り上がり、本当に楽しいひと時となりました。

上記写真にはないのですが、この会場の中に、心奪われた写真があります。
それは、波の一瞬をとらえた写真なのですが、その波の最後の切れ端がきれいなハート型になっていて、その中に夕日が収まっている、本当にびっくりな美しい写真です。ぜひ、会場にお越しの際はご覧ください。

ps その際にはLOVE FOR NIPPONのタペストリーの中の私の書き込みも、どうぞ見つけて下さいませ。期間は、9月19日まで。


[PR]
by maarenca | 2011-09-04 13:12