Blog|maarenca - マーレンカ

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昭和シェル石油100%子会社のソーラーフロンティア㈱

a0073000_11343970.jpg
a0073000_1134519.jpg
a0073000_1135229.jpg


今年になって、よく目にするようになった井川遥さん(個人的に大好きな女優さんです。)のCM太陽光パネルの
ソーラーフロンティア㈱ですが、最近の国会傍聴で昭和シェル石油の方とお会いし、いろいろお話を伺う事ができました。

ソーラーフロンティア㈱は、昭和シェル石油の100%子会社で、1、000億円を投じて作った太陽光ソーラーパネルの会社です。
日立プラズマディスプレイ宮崎工場の土地建物を購入し、そこで働いていた400人の従業員を再雇用したという事でした。

その後、第二工場も作り、今年は世界最大級のメガワット(MW)の生産量になる大三工場の稼働も予定しております。
これは工場内の雇用の拡大だけでなく、製品、原材料等の大量運搬により物流関連事業の新規雇用拡大にもつながるものです。

新しく野田首相が誕生いたしましたが、私の個人的意見では、TPP、大連立、増税、原発依存を見ると、あまり賛成の部分が少ないのですが、、、、野田議員個人の資質を見ると、日本をいい方向に持っていってもらえるよう、応援をしたいと思いました。
(意見は違っても、野田首相ならエネシフに来てくれるのでは??と期待しております。)

だからこそ私は、「脱原発」に向けて自分の出来る事をしていきたいと思います。

化石燃料に係る企業は、いま、いろいろと試行錯誤をしているようです。
昭和シェル石油の方の意見も、今後どのようになるかは解らない。しかし、確実に脱原発の方に行って欲しいし、化石燃料を代替えにするという事も違うと思う、、、。だからこそ、この事業がうまくいってくれる事を望むし、成功して欲しい、、、。
と心配をしておりました。

メディアや、経団連は、国内の空洞化ばかりを言っておりますが、上記のような、新事業への移行とそれに伴う活性化のニュースも、もっと公平に明らかにしてもらいたいと思いました。

海外移転産業と、新規事業の具体的事例をこれからはもっと公開してもらえると、もっと今後の考え方が、見えてくるのではのないでしょうか、、、。

ps。ソーラーフロンティアのパネルはCIS太陽電池で、発電量が多いそうです。
by 丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-08-31 12:21

再生可能エネルギー買い取り法案

a0073000_932188.jpg
a0073000_9322983.jpg

8月26日、「再生可能エネルギー買い取り法案」が成立しました。
1枚目の写真は、民主党、自民党、公明党提出の可決された修正案です。
他に、共産党、みんなの党からも修正案が提出されていましたが、こちらは否決されたものです。

可決された3党提出の法案で、「賦課金に係る特例」の中で、「当該事業の電気の使用に係る原単位が、当該事業が製造業に属するものである場合にあっては製造業に係る電気の使用に係る原単位の平均の八倍を超える事業を行う者からの、当該事業が製造業以外の業種に属するもである場合にあっては製造業以外の業種に係る電気の使用に係る原単位の平均の政令で定める倍数を超える事業を行う者からの申請により、年間の当該事業に係る電気の使用量が政令で定める量を超える事業所について、賦課金の負担が当該事業者の事業活動の継続に与える影響に特に配慮する必要がある事業所として認定するものとすること。(第十七条項第一項関係)」(原文一部分)とあります。

もうすでに私の頭は付いていけないのですが、、、これからの電気料金アップにともなう経済の停滞や製造業界の足かせにならないよう、国内の電気大口消費産業の事業所別に、再生可能エネルギーのサーチャージを配慮するというものであります。(実はすでにこの3~4ヶ月で300円以上電気料金は上がっているのと、原発のバックエンド費用などを入れると今までも月々150円~200円は電気料金の中にサーチャージされているにも関わらず、原発の項目としては載せていません。余りに不均衡、、、。)

考え方としては、国内産業を支援する意味では当然必要ではありますが、、問題は原文の中にある原単価の平均値や、その八倍の数値がどのくらいなのかが、今の時点で全く具体的数値のデータを持っておらず、また、製造業界二十八万社、そのうちの大口消費社一万二千社をどうやって数値を出すのかが全く決まっておりません。

このままこの問題を今後注視しなけらば、この恩恵にあやかろうとする製造業の電力の無駄遣いと、議員と官僚と企業の癒着のさらなる強固にしかなりません。

最近の永田町通いを通じて思った事ですが、ただ政治家が悪いとか、官僚がだめだとか、かなり大雑把にしか見ていない視点は、発言者本人の無責任でしかなく、政治家も官僚も一人一人の考え、動きを見て判断をするべきだと思いました。

国会の傍聴や勉強会などに参加して、いろいろな考え方や業種の人と出会い、対個人として接する事でようやく、その人の考えや姿勢が見えてきます。
現場に触れずして、「いまどきの若者は、、、。」発想と同じく、個人を見ない考えは何も進みません。

自民党にも経済産業省にも原発ありきではない考えの人はいます。
ただ、「脱原発」といっても、一年後なのか40年以降なのかでは「脱原発」と「原発依存」位の差異があると思います。
これからは、自分が何年後までの原発ビジョンを持っているのかを皆が考え、ただの批判で終わるのではなく、机上の空論に固執することなく、具体的に動き、行動することが必要だと思います。

最後に、修正案を出した自民党の西村康稔議員が、23日の衆議院経産委員会で海江田大臣に、Co2の25%削減目標は、実現不可能だから数値を下げろと言っておりました。

「脱原発」という隠れ蓑の中で、「原発依存」の考えの議員をきちんと見分けることは、今後の選挙を考える上で、非常に大事な事だと思いました。

一つの発言、一つのメディア、一つの見出しだけをインプットし、自分で考える事を放棄して、分かったような顔をするのは、もうやめにしましょう。(もちろん、私の発言も含めて。)

色々な見方をまず取り入れて、考える、、、。    結構楽しいものです、、、。


by  丸子安子
[PR]
by maarenca | 2011-08-29 11:01

8月25日 参議院連合審査会傍聴

今日の午前中は、参議院の経済産業委員会、農林水産委員会、環境委員会の連合審査会を傍聴してきました。

経産省の海江田大臣、農水省の鹿野大臣、環境省の江田大臣も出席のもと、再生可能エネルギー買い取り法案の衆議院修正案や、バイオマスなどについての質疑応答を見てまいりました。

参議院の審議傍聴は初めてだったので、衆議院との細かな手続きなどの違いに、「なんでわざわざ違うのだろう、、?」と思いつつ、審議を聞いておりました。

初参議院の印象は、、、衆議院よりも真面目。な、まともな印象がありました、、、。
衆議院の初傍聴の光景は、まるで、学級崩壊をみているようだったので、、、。

今回質疑の議員の中で、みんなの党の水野賢一議員の「鋭い&的を得ている」質疑に修正案を出した自民党&民主党&公明党衆議院の議員は、タジタジになっておりました、、。  水野議員、素晴らしかったです!

そして、質疑の内容でとても気になっのが、電力多消費産業(電炉、製紙、化学)の各会社の電力消費の非公開のもと、大口消費者として救済を行おうとしていることでした。

修正案を提出した議員の顔ぶれを見れば、「企業との癒着」が簡単に想像できます。
せっかく、いい方向に行ける道筋になればという淡い期待の法案なのに、、、結局何にもならない方向へ戻そうと、もうすでに動いております。

国会での本当に、汚い&未熟な社会を見る思いに、私もとうとう最近白髪が増えてきてしまって、Wショックな今日この頃です。
[PR]
by maarenca | 2011-08-25 15:09

毎日新聞と読売新聞

a0073000_11592755.jpg
a0073000_11593557.jpg
a0073000_11594373.jpg


本日8月19日の毎日新聞に上記写真の記事が載っていました。

日本全国で、どれだけ原発マネーがばらまかれたかが一目瞭然で載っております。

各地方自治を批判する気は、全くありません。  私もずっとこうして、原発の電気を使っているのですから、、、。

今日の記事を見て、今までこういった隠されていた事実が表に出た事の方に、私はこれからの小さな展望を見る思いがしたのでした。

いままで私の実家時代を含めて、ずっと私は読売新聞一筋でした、、、。
発行部数、世界一も、多くの信頼のあかしだと単純に思っていたのです、、、。

しかし、福島原発の事故以来、私は真実が知りたいと思い、自分なリに情報を探すようになり、、、読売新聞の極端に不公平な
「原発依存記事」に少しづつ、疑問を持つようになりました。

そして、今月から毎日新聞も同時にとるようになり、毎日両紙の記事を見比べておりました。

わたしは立派な(笑)アナログ人間ですので、ネットを屈指するより新聞記事の切り抜きをせっせとしているものですが、、、、
毎日新聞の切り抜きが増える一方、残念ながら、読売新聞には切り抜きしたい記事がほとんどありませんでした。

私はコボちゃんとあたしんちと朝刊小説がずっと好きでしたが、、今月を持って読売新聞を解約する事にしました。

これは、わたし、、、いいえ、我が家なりの抗議のアクションです。

娘のお友達が読売の販売所をしており、心苦しくありました、、、、しかし、冷静な大局からの視点を持たない新聞をもう読む気にはなれません。

エネシフの世話人の小島先生は東京新聞支持です。
どうぞ、いろいろな新聞の記事を読んでみてください。目からうろこが沢山あります。

一部の新聞(メディア)の記事だけで、判断する事の恐ろしさ、、、、自分の視野の狭さがようやく少しわかった気がします。
[PR]
by maarenca | 2011-08-19 12:27

第12回エネシフジャパンの報告

a0073000_951439.jpg
a0073000_9511475.jpg
a0073000_9512222.jpg
a0073000_9512891.jpg


昨日18日は第12回エネシフジャパン勉強会がありました。
現政権官房副長官の福山哲郎氏(3枚目の写真)がお越し下さり、その他著名人の方々も出席の元、今回は大勢の参加者が集まっての討論会となりました。

管首相が退陣を表明した途端に北海道の泊原発がここぞとばかりに稼働し、本日19日の経産委員会も取りやめとなり、
『脱原発』に大きなブレーキがかかり始めました。

今後は一層の「再生可能エネルギー法案」の中身の骨抜きが予想されます。

私は今までの自分の無知さ加減を少しでも埋めるべく「エネシフ」に参加をさせて頂きましたが、ただ、知識を詰めるだけではなく、
これからは、なにがしかの具体的行動を考えていかないと、また原発依存に戻ってしまう危機感を昨日の討論会でひしひしと感じました。

ここからが本当に肝心だと思います。

ようやくの「脱原発」ムードから、管首相の退陣表明で永田町は安堵して「原発依存」に逆シフトをしようとしています。

この国は、本当に「原発依存」でいいのですか???

私は、私の周りの一部の人だけがこの事に危惧をしており、その他の大多数の人の「声のなさ」に
ココに来て、とても悲しく思います。
一部の人間だけでは、国は動きません。

起きた事や政治の対処のまずさを批判するだけでは、新しい一歩は始まりません。
私たち一般人が出来る、小さくても、政府やメディア、経済界にインパクトを与える行動を起こすことが必要な時になっています。
みんなで知恵を出し合って行動を起こしたいと思っています。

また、どんなにくだらない、小さい事だと思う事でも、何か具体的なアクションを思いついている人がいれば、どうぞ教えてください。
みんなで、知恵を出し合っていきましょう!!

みんなで、後世に恥ずかしくない生き方をしていきませんか、、、? 

by  丸子 安子
[PR]
by maarenca | 2011-08-19 10:23

お休みのお知らせ

毎日暑いですね、、、。
マーレンカ上目黒店は15~18日お休みします。

どうぞ、楽しい夏をお過ごしくださいませ。
[PR]
by maarenca | 2011-08-11 12:18

行ってきました~エネシフパレ―ド!

a0073000_1295123.jpg


昨日も暑かったですね、、、。
8月6日、代々木公園で行われた『エネシフ青空勉強会&パレード』に行って参りました。
まずは、いつも司会進行をしていただいている青学の小島教授を皮切りに、いろいろな方からの提言&青空勉強会をしてから、
渋谷の街を練り歩きました。  

警察官の皆さまの誘導のもと、代々木公園から渋谷駅のスクランブル交差点を曲がり、明治通りから代々木公園に向かって歩いたのですが、、、、

何故か、、、私を含めたデモ初心者が横断幕を持って先頭を歩く羽目になり、、、、ちょっと頼りない面持ちのパレード(?)となりましたが、、、これはこれで、いい経験をさせていただいた1日となりました、、、。

その後の、お疲れさま飲み会では、ご活躍されているいろいろな方の貴重なお話を伺う事が出来、また、新たな出会いもあり、
私にとってもいままでにない、貴重な夏の1日となりました、、、。

運営の皆さま、お疲れ様でした~。
[PR]
by maarenca | 2011-08-07 12:26

これからの原発事業

a0073000_13123088.jpg
a0073000_1310524.jpg


上記写真の1枚目は読売新聞7月(たしか)28日の記事で、2枚目は8月6日今日の毎日新聞の記事です。
読売新聞は原発推進のもと、「世界の主流は原発推進」とうたっており、毎日新聞は「日本最大級のメガソーラー」の記事を扱っておりました。

一見、対極的な両社の記事に思えますが、、、私はこの2つの記事にこそ、日本の新しい原発新事業を見る思いがしたのでした、、、。

3.11以降、私の考えはもちろん『脱原発』です!!!
しかし、過去は変えられません。
私は、何故?日本が原発を廃炉含めて57基も持ったのか、、、その意味をずっと私なりに考えてまいりました、、、。

1枚目の記事にある通り、日本を除いて世界中でいま現存している原発は、合計311基。  この数字の偶然性にもおどろきましたが、、、。

特に目を止めたのは、中国です。
いまは14基ですが、建設中と計画中を合わせると、、、新たに198基が加わり、200を超える圧倒的世界1位の原発保有国となります。


もし、日本が原発を持っていなかったら、、、この隣国に何もモノ申す事など出来ず、、、ただ行く末を案じるだけだったでしょう。

しかし今現在、幸か不幸か日本の原発技術は世界が認めるトップ水準のようです。
日本は今ベトナムとトルコとも、原発締結に向けて進めているようですが、、、どうでしょう。
その内容を変えて、日本は速やかに国内の原発を解体&処理をして、原発解体技術と再生エネルギー推進の2本立、原発新事業として世界に推し進めてはいかがでしょうか、、、?

日本がいますぐの転換を図れば、世界最新の新事業となる、ビッグビジネスになると思うのです。

2枚目の写真のメガソーラーは、川崎市と東電の共同事業であります。

東電さん。やればできるじゃないですか!!!
もう、この手で行きましょう!!!   原発推進のトップの人数より、一般従業員の数の方が圧倒的に多いのですから、
日本各地の現場から、シフトしていきましょうよ!!
各地で、平和の為の声があがれば、、、、。 原発が真の平和に向かうための道筋になるのではないでしょうか、、、。

「かわさきエコ暮らし未来館」では、見学ツアーが出来るそうです。  私も早く見てみたいです。


ps それでは、私は今日はこれから渋谷のエネシフパレードに行ってきま―す。


by 丸子安子




[PR]
by maarenca | 2011-08-06 13:48

エネシフナウパレード&明日の審議傍聴のおしらせ

a0073000_12282915.jpg


昨日までに11回の次世代エネルギー勉強会をおこなったエネシフジャパンが、8月6日に『エネシフ・ナウ!パレード』を行います。

明日の経済産業委員会傍聴とパレードに私、丸子安子も参加します!  
 
エネシフは真面目に取り組みをしておりますが、、、、そんなにお固く&お高く&ヒステリックでは無いので、のんびりお散歩がてらな気分で参加されてみてはいかがでしょうか、、、。

最近の私の行動を振り返って思う事は、「出来ない、、、とか、難しい、、、。」という人は、具体的に何も動いていない人だと思います。

自分に出来る事から始めた人は、大体そういう発言はしません。  それは、何故か???
具体的に行動をすれば、必ず何かの手ごたえがあるからなのです、、、。

もちろん、なんでもすぐに、上手く進むわけではありません。
だからこそ、少しでも前に進んだときの手ごたえがたまらなくうれしいのです。

まずは、自分から知る。  少し余裕が出来たら、ほんのちょっと動いてみる。
そんな繰り返しが、少しづつ違う未来を自分の手元に引き寄せる事ではないでしょうか、、、。

新しい顔に会える事を楽しみにしております。



転送大歓迎!
エネシフ・ナウ!パレード実行委員会からのお知らせです。
是非お誘いあわせの上、お越しください。
--------------------------------------------------------------

名称:エネシフ・ナウ!
〜にほんを 自然エネルギーのくにへ!!!〜

日時:2011年8月6日
場所:ケヤキ並木@代々木公園から渋谷駅周辺
URL:http://www.transworldjapan.co.jp/feature/eneshif/------------------------
当日スケジュール:
15:00 スタッフ集合 ケヤキ並木の道路側
15:30 デモ参加者集合、集会(トークゲストについては現在調整中)
16:30 デモ出発 
   CCレモンホール前〜渋谷駅〜神宮通り公園〜電力館〜消防署左〜代々木公園
17:10 デモ戻り、集会
   みどりの1000人リッコーホ(※)の候補者アピールタイム
   トークゲスト:坂田晶子さん 虔十(けんじゅう)の会
18:30 解散
19:00 撤収
------------------------
主催:エネシフ・ナウ!パレード実行委員会



転送大歓迎! お誘い合わせの上ご参加ください。

---------------------------------------

8月5日(金)午前9時頃から、衆議院経済産業委員会で

再生可能エネルギー促進法案の審議が開催されます。

みんなで傍聴に行きませんか?

午後1時半〜4時も開催される可能性もあります。

傍聴希望の方は、名前フルネームふりがなつき、職業(必須)をご返信ください。

正確な時間、集合場所は申し込みをいただいた方に追って連絡します。

どうぞよろしくお願いします。
お申し込みは明日4日18時までに下記アドレスにお送りください。

宛先:info@sustena.org
[PR]
by maarenca | 2011-08-04 12:49

「エネシフジャパン」書籍出版&エネシフ勉強会のお知らせ

明日は第11回勉強会を迎える『エネシフジャパン』ですが、いよいよ今までの集大成である、書籍が本日、出版となりました。
どうぞ、本屋さんで、お手に取って下さいませ。(もちろん、購入してね、、、♡)
詳細は、下記の通りです。

そして、明日は、第11回エネシフジャパンの勉強会があります。 こちらのお知らせも載せていますので、どうぞご参照ください。


タイトル:「エネシフジャパン」
http://www.transworldjapan.co.jp/books/business/post-38.htmlエネシフジャパン(著).価格: \ 777円

.原発に頼らない日本へ.エネシフジャパン(エネルギーシフト勉強会)の書籍が遂に発売!
◯芥川賞作家、玄侑宗久によるエッセイ「放射能で見つけた鳥たち」
◯田中優(環境、経済、平和などさまざまなNGO活動にかかわる未来バンク事業組合代表)に聞く。
「原発のこと、エネルギーのこと、私たちの社会」
◯エネシフEYE「天下りについて」「原発プロバガンダ」など
◯なぜ脱原発か? 石橋克彦(地震学専門の神戸大学名誉教授):4/26 講演「日本列島の地震と原発」再録
◯菅直人(現首相として原発依存脱却を明言)2011/6/15 講演再録
◯脱原発D.I.Y.ブック「あなたが出来ること、知っておくべきこと」
図で見る"現実的脱原発"への道、再生可能エネルギーミニ図鑑 etc...




転送大歓迎! お誘い合わせの上ご参加ください。

---------------------------------------
第11回エネシフジャパン勉強会
8月3日(水)17~19時
衆議院第2議員会館多目的会議室 

1.「被災地に再生可能エネルギーを届ける」
桜井薫(さくらいかおる:「つながり•ぬくもりプロジェクト)
http://tsunagari-nukumori.jp/

2.「再生可能エネルギー促進法案審議状況について」

ぜひいらしてください。

お申し込み:http://sustena.org/eneshifまたはinfo@sustena.orgまで(お名前・所属・電話番号を明記のうえお申し込みください。)
※定員を越えた際には立ち見となることがございますので、ご了承ください。
[PR]
by maarenca | 2011-08-02 18:04