Blog|maarenca - マーレンカ

12月20日 福祉作業所へのボランティアめぐり


12月20日は本当に寒い日でした。
その寒さの中、3件の荒川区内の福祉作業所にボランティア志願してくれた女子高校生の真央さん。彼女は2度目の参加です。国分寺から荒川へ。朝の9時から参加してくれました。

一件目は荒川区立荒川福祉作業所。
こちらは比較的作業ができる方と、もう一つ。
少し重度の方が通う荒川生活実習所の二つの施設からなっております。
実は以前、重度の障害がある荒川生活実習所さんに、ガラスのチャームを依頼しており、その完成品を受け取りに行く目的でもありました。

箱に入ったガラスのチャームを見てビックリ!!!
以前見た作品よりももっとバージョンアップしており、一つ一つの色や配合、配置が工夫されていました。
美しい。思わず見とれる美しさ。
これをどのような商品、作品にするのか? 
箸置きにしても素敵です。もちろんTUNAGU&TUMUGUバッグにも付けようと思っています。
私の最初の小さな投げかけに、剛速球が返され、身の引き締まる思いでおります。
また、2月に参加するギフトショーでも、ご紹介できればと思っております。


a0073000_14194059.jpg





そして次は、町屋あさがおさんへ。
こちらは、私たちの到着と同時に待ってましたと、鉛筆の選別作業が用意されておりました。

鉛筆の山、山、山。
少なくなるとつぎ足され、負けず嫌いの私の心にロックオン。
真央さん共々、黙々と鉛筆の山を減らし、昼食前に片づける事ができました。
結構このような作業は、病みつきになります。
皆さまも、一度ご参加ください。 終わった後のやりきった感は、結構気持ちいいですよ!!

a0073000_14172543.jpg





作業が終わった後は、施設の通う皆さんとお弁当。
350円でこのボリュームは素晴らしい。
いつも楽しみにしています。
a0073000_14204080.jpg






そして最後は、ボンエルフさんへ。
予定していた「積み布」製作ではなく、急きょ、劇団「青い鳥」さんの本多劇場公演で販売する矢印ブローチが完売になったため、その追加作りのお手伝いに参戦いたしました。
通所されている方が作った「スウェーデン刺繍」の生地を裁断し、真央さんはミシン掛け。
そして、ひっくり返す人、綿をつめる人、手縫いで閉じる人、最後のピンをつける人。と、みんな短い時間に納品したい!
そんな思いで作業に集中。

しかし残念ながら、私たちは途中でタイムアウトとなり、心残りではありましたが、作業所さんの大変な実態を体感した貴重な日となりました。
全国の福祉作業所さんはボランティアの方を募集しています。
少し興味をもたれた方は、ご自宅の近くの福祉作業所さんを覗かれてはいかがでしょうか。
きっと喜ばれる事と思います。  まずは福祉作業所さんの地域公開日やお祭りなど、参加してみるのもおススメでよ。
そうしたイベントの日に、多くの方が気軽に集まる場所になるといいですね。
それはきっと、あなたのちょっとした参加から始まるのでしょうね。                     by 丸子安子


a0073000_13544770.jpg

[PR]
by maarenca | 2013-12-24 14:40 | TUNAGU&TUMUGU