Blog|maarenca - マーレンカ

丸子安子 6月6日「みどりの風」参議院選出馬 記者会見

いつもこのブログを見てくれている皆さま、初めてブログを見る皆さまへ。


わたくし丸子安子は、6月5日。
「みどりの風」から、この来る参議院選に東京選挙区で出馬する事を決めました。

今回私は、参議院選は周りの方を応援する事をずっと公言してまいりました。
同じ選挙区の大河原雅子参議院議員(民主党)を「応援します!」と、公言してきた私が、「舌の根」も乾かないうちに出馬となり、「丸子安子は、一体何をやっているんだ!?」と、思われた方も多いと思います。

そんな皆さんにも、大河原さんにも、本当に申し訳なく思っております。

今まで一緒にやってきた「緑茶会」にも、私の出馬により多くの方から「緑茶会」に不信感を抱かせる事となり、心苦しく思っています。

「緑茶会」は純粋に、「党派を超えて、脱原発議員を応援する!」為に、始動したもの。
人材が少ない中、大変中途半端で、やるべき事が山積している大変な時に、私がこの会を抜ける事でも仕事を増やしてしまい、本当に申し訳ありません。

しかし、皆さまに知っていただきたいのは、ただ単に「議員になりたい。目指す。」為に出馬をするわけではありません。
私がやっている「TUNAGU&TUMUGU」プロジェクト、ドキュメンタリー本の出版、SFファンタジー小説の出版、「省エネからの地域ビジネスモデルの提案」
どれも、具体的に動き出しておりました。
これらの事を進めていきたい!!!集中してやっていこう!!その思いを強くしていた矢先でした。


党派を超えた脱原発の想いの「みどり連合」大合流が、難しい事。
私はこれまで、色々な方に大合流をお願いしに駆け回っておりました。
私が潤滑油になれれば。その思いで必死にやってきた事は確かです。

しかし、思うように「大合流」が進まず時が過ぎていくばかり。
これでは、最初に合流の声をあげていただいた「未来の党」「みどりの風」が本格的に、選挙戦を開始できない。
このままでは、私達が結果的に足を引っ張る事になるのではないか?
そんなジレンマの中、私に「みどりの風」谷岡くにこ代表に出馬をしてほしい。と強く打診をされました。

最初はお断りしました。 ましてや東京選挙区に出馬はできない。
数日間とても悩みました。

しかし、「みどりの風」はまだまだ浸透していない。
このままではどうなるのか、、、?
全国比例で出馬される谷岡くにこ代表には必ず当選していただきたい!!

谷岡くにこという人は、国会の中で大変貴重な力である事を、以前より私は強く感じておりました。
だからこそ私が入ることで、東京選挙区で出馬をすることで、少しでも「みどりの風」の理念を知っていただき、比例区でも票を集める事ができたら。と、その思いで出馬を決めました。

自民党のバラマキ政治による1,000兆円に迫る国の借金。
TPP参加による、食の崩壊。医療の崩壊。国の制度の崩壊を食い止めたい。
国家権力から国民を守る「憲法」を、国家権力である現与党が、戦争をしやすく市民を縛る為の改悪を阻止したい。
この国の伝統、文化、技術、ポップカルチャーを守り、育成し産業を盛りたてたい。
学校を解放し、地域交流の場、地域で子どもたちの成長をサポートしたい。
社会活動と経済活動を繋げ、意欲のある若者の雇用を創出したい。

そして、解決していない原発・福島のこと。
放射能汚染により、子どもたちの健康に被害が出ている事。
戦後からずっと今も米軍基地問題で苦しんでいる沖縄のこと。
そして化粧品などでの動物実験の中止を求めたい。

エネルギー自給率と食の自給率アップを目指したい。

書き出すときりがないくらい、まだまだ変えていきたい事が出てきます。
それを具体的に実行したい!!
その想いで、今回出馬を決めました。

出馬することに意義がある。では終わらせません。

国会で少しでも役に立ちたい!!
私達の声を届けたい!!
その覚悟でがんばります。

皆さま、少しでもいいのです。
どうかボランティア、選挙チームなどに関わっていただけると助かります。



風は自からまき起すもの




一緒にみどりの風を巻き起こしていきましょう。                                  by 丸子安子




左から、阿部知子衆議院議員、露木順一神奈川選挙区候補、谷岡くにこ代表、そしてわたくし、まるこ安子
a0073000_5315586.jpg

[PR]
by maarenca | 2013-06-06 05:31