Blog|maarenca - マーレンカ

5月17日 「緑の風&未来の党」共同記者会見

5月17日 この日を待っておりました。
とてもうれしい記者会見でした。 
阿部知子未来の党代表と谷岡郁子緑の風代表が、終始晴れやかな笑顔で記者会見をされていました。
私はその場にいたのですが、お二人は時々は私の方にうなずきながら、話してくださった事がとてもうれしかったです。

緑の風と未来の党は、「対等の合流」です。
その事は記者会見の中で谷岡議員が、ハッキリと仰っておりました。

手続き上は阿部知子議員が緑の風に入党の形になりますが、それは近づいている都議選&参議院選の為のものであり、谷岡議員の口からハッキリと「未来の党は阿部議員だけではない。今は議員ではないけれどその周りにいる人達も含めて一緒にやっていく。対等の合流です。」と仰ってくださったのです。

さあ、門は開かれています。
緑の党の皆さんの合流も多くの人が待っています。

サイは投げられました。
これをもっと大きなうねりにするのは、他でもない私達一人ひとりの想いと、声と、行動です。

記者会見の場で最後に発言をさせていただきました。

「今日のお二人の合流は私達の「希望の種」です。どうぞこのまま、真っ直ぐ進んでいってください。」と。
この「希望の種」を大きく育てて花を開かせるのは、私であり、あなたなのです。

さあ、元気に、一緒にやっていきましょう。                                           by 丸子安子


a0073000_741402.jpg




左から目黒区から都議選出馬の緑の風、鴨志田リエ区議、谷岡郁子参議院議員、阿部知子衆議院議員、わたくし丸子安子「緑茶会」東京支部代表
a0073000_9575180.jpg




東京新聞記事です。
a0073000_8413456.jpg


【NHK】
阿部知子氏 みどりの風入党へ
5月17日 20時25分
 阿部知子衆議院議員は記者会見し、今後の政治活動について、みどりの風とは、原発に依存する社会からの脱却など基本的な政策で一致できるなどとして、来週にも、みどりの風に入党することを明らかにしました。
 この中で、阿部知子衆議院議員は「日本型の環境政党をつくりたい。みどりの風と互いに手を取り合い、『卒原発』や環境と共生していく社会の実現などを訴え、東京都議会議員選挙や参議院選挙を戦っていく」と述べ、来週にも、みどりの風に入党することを明らかにしました。
 また、会見に同席した、みどりの風の谷岡代表は「阿部氏とは、国民の命を守り、持続可能な社会をつくっていくという考え方で一致した。阿部氏には、みどりの風の代表代行に就任してもらいたい」と述べました。
 阿部氏の入党で、みどりの風に所属する国会議員は、衆議院議員2人、参議院議員4人の合わせて6人になります。

【日本テレビ】
日本未来の党がみどりの風に合流
<2013年5月17日 21:57>
 政治団体・日本未来の党は17日、みどりの風に合流することを発表した。
 日本未来の党・阿部知子代表「この選挙を、みどりで一緒に、とにかく戦う扉を開けないと、今の閉塞(へいそく)感は打破できない」
 みどりの風・谷岡郁子代表「2人でとにかく手を取り合いながら、一緒に飛び込もうと」
 みどりの風への合流の理由について、日本未来の党唯一の国会議員である阿部氏は「政策的にも一緒に積み重ねてきたことが多く、選挙後も形になっていない共生型社会を育てていく」ためとしている。
 阿部氏は、みどりの風の代表代行に就任し、結成に関わった滋賀・嘉田県知事は政策アドバイザーとして協力するという。
 日本未来の党の合流により、みどりの風は衆議院議員2人、参議院議員4人の計6人になる。
動画: http://news24.jp/nnn/news89058470.html

【読売新聞】
無所属・阿部知子議員、みどりの風に入党へ
 みどりの風の谷岡代表と無所属の阿部知子衆院議員(比例南関東)は17日、国会内で記者会見を開き、阿部氏が近く、みどりの風に入党すると発表した。
 阿部氏の入党に伴い、みどりの風の所属議員は衆院2人、参院4人の計6人になる。阿部氏は入党後も、政治団体「日本未来の党」の代表は続けるとした。
(2013年5月17日20時23分 読売新聞)

【毎日新聞】
みどりの風:日本未来の党と合流 参院選はみどりで
2013年05月17日 20時29分(最終更新 05月17日 21時33分)
 みどりの風の谷岡郁子代表と日本未来の党の阿部知子代表は17日、国会内で記者会見し、合流すると発表した。合流は阿部氏がみどりに入党する形を取り、夏の参院選はみどりとして臨む。党の名称変更などは選挙後、検討する。政治団体としての日本未来の党は維持する。緑の党にも合流を求める方針。

【共同通信】
阿部氏、みどりに入党
政治団体「未来」存続
2013年05月17日
 政治団体「日本未来の党」代表の阿部知子衆院議員は17日、国会内で記者会見し、みどりの風(谷岡郁子代表)への入党を正式表明した。日本未来は政治団体として存続させ、今後も代表として活動を続けるとした。夏の参院選で脱原発や消費税増税凍結などを公約とする方針を強調した。
動画:http://www.47news.jp/movie/general_politics_economy/post_8960/

【時事通信】
みどり、未来が合流発表
(2013/05/17-20:04)
 みどりの風の谷岡郁子代表と政治団体「日本未来の党」代表で無所属の阿部知子衆院議員は17日、衆院議員会館で共同記者会見し、合流を正式発表した。阿部氏が未来代表のままみどりに入党する形を取り、合併の手続きは参院選後に行うとしている。
 谷岡氏は「安全、命、環境、共生を求める政治を目指し、合流を互いに決意した」と語り、阿部氏を代表代行に起用する意向を明らかにした。


【神奈川新聞】
阿部氏がみどりの風へ、「日本型環境政党に育てる」/神奈川
2013年5月17日
 政治団体「日本未来の党」の阿部知子代表(衆院比例南関東)は17日、みどりの風に入党することを明らかにした。国会内でみどりの風の谷岡郁子代表と記者会見した阿部氏は、脱原発や東日本大震災の被災者支援などを挙げ、「互いに政策面で積み重ねてきたものが多い。参院選はみどりの風として、ともに戦う」と表明した。
 入党後も政治団体「日本未来の党」は残し、代表職も続ける。阿部氏はかねて、夏の参院選に向け、脱原発や女性の声を代弁する政治勢力の結集を呼び掛けており、政治団体「緑の党」にも合流を打診している。
 阿部氏は会見で「まだ結集の途上」と説明。参院選後を見据え、「みどりをキーワードに、日本型の環境政党に育てたい」と述べた。
 谷岡氏も「一緒にやらないと扉は開かない。ほかの政治団体が加わることも歓迎だ」と同調し、みどりの風として阿部氏に代表代行への就任を要請したことを明らかにした。
 阿部氏の入党で、みどりの風の国会議員は衆院2人、参院4人の計6人となる。参院の4人は夏の参院選で改選を迎える。阿部氏は、参院神奈川選挙区に関し「みどりの風として候補者を擁立する方針だ」と述べた。

[PR]
by maarenca | 2013-05-18 08:05