Blog|maarenca - マーレンカ

2月26日 【東京新聞 23日~26日付け 待機児童記事】



働きたくても保育園に入れられず、悩む問題はずっと長い間解決されてきませんでした。
待機児童の数は、東京都23区内だけでも1万9千人。
入れない子どもの数は、杉並区の62%を筆頭に30%以上いる区がほとんどを占めます。

こうした問題に東京新聞は23日、自ら立ち上がった杉並区のママたちの記事を取り上げ、その後大きく波紋を広げています。

こんなに到達率の低い問題があるでしょうか。
働き手、生産性からの問題を考えるだけでも、これだけの労働力を放置して、相変わらずコンクリートにお金を注ぐ昭和政治。

コンクリートはそれ以上何も生みません。 ゴミと返るだけ。

人を育て、人材としての母を助け育てる社会の方が、よっぽど成長するのではないでしょうか。

私も保育園に入れるのに苦労しました。
一度入ったからといって、毎年安心してはいられません。更新する月には厳しい目が待っています。
娘二人が保育園に通っていた千葉県八千代市時代。
何度、市役所の人に嫌味を言われた事でしょう。

独立したての我が家。
売り上げがなかなか伸びない中、「お母さん、こんな仕事辞めて外に働きにいったらどうですか。」
あざけるような冷たい言葉。 今でもその人の顔は覚えています。

悔しくて、泣きました。

意味は違えども、悔し涙を流しているママたちはきっといまだ多い事でしょう。

2012年の男女平等指数ランキングでも日本は135カ国中101位。
主要8カ国中最下位。

いつになったらこの国は、未来を育てる政治になるのでしょうか、、、。

狭い&古い&短期的な頭しかない人間がいくら話し合ってもアイデアは生まれない。

ならばもう、変えられる人間に道を開けてはいかが、、。


2月26日の記事

a0073000_16312884.jpg






2月23日の記事
がんばれ杉並ママ達

a0073000_16313645.jpg








2月25日の記事
足立区でも立ち上がりました。がんばれ!!

a0073000_16315211.jpg






今日、2月26日は下の娘の誕生日。16歳になりました。
一歳の時に発病した「髄芽細胞腫」との闘いの日々。
元気に育っています。 今日のこの日は1年で一番感慨深い日。  健康でいる事に感謝。 

「蓮花、16歳の誕生日おめでとう!元気でいてくれてありがとう。」          by 丸子安子

a0073000_163049100.jpg

[PR]
by maarenca | 2013-02-26 17:03